読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育英資金延滞提訴に対し反対討論

 27日県議会本会議が開かれ、私は県育英資金延滞者を提訴する県に関して反対討論を行いました。(討論全文は「日本共産党 山本のぶひろ」に掲載します。)
 全国的にも奨学金の支払い滞納者の増加が深刻な社会問題となっています。「制度の安定的運用のためには資金を回収しないと、今後支援を必要とする人たちを支援できなくなる」との言い分もありますが、そのような立場だけでは、ますます滞納者への強硬な取り立てを強めていく方向に向かわざるを得ません。支払いについて気軽に相談できる窓口を設けることや、子どもの貧困、若者の不安定雇用といった状況に対しての支援策も検討が必要です。