読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熊本地震被災者アンケート

f:id:yamanob:20170518150220j:plain
5月18日、日本共産党県委員会が取り組んできた熊本地震被災者アンケートの中間取りまとめ報告書が完成したことから、県庁内で記者会見を行いました。また先日行った国会調査団による調査活動もふまえ、いま県が急いで取り組むべき問題について要望項目まとめ、県に申し入れました、
 (申し入れの全文は、HP「日本共産党 山本のぶひろ」に掲載します。)

6月16日に一般質問します。

f:id:yamanob:20170517075554j:plain
 最近、昼は結構自作弁当です。別に趣味ってわけではありませんが。
 6月16日の2番目ということで、一般質問の日程が決まりました。
 最近めちゃくちゃ忙しくしておりまして、なかなか質問の準備に取りかかれないのですが、県民の声を代弁して県政に届ける責任を担っているという自覚をしっかりともち、頑張って臨みたいと思います。

流域自治体への申し入れ

f:id:yamanob:20170512163910j:plain
 最近また地震増えてます。心配です。
 11日は甲佐町で、地元の佐野町議、上野哲夫衆院四区予定候補らとともに、昨年の豪雨災害以来復旧が進んでいない箇所の現地調査を、県や町の担当職員の皆さんにも同行いただいて行いました。このまま梅雨を迎えて大丈夫だろうかと心配な箇所があちこちに残っています。現場は大変でしょうが、住民の安全確保のためにも可能な限り対応を急いでいただきたいところです。
 12日は「立野ダムによらない治水・利水を考える県議の会」の一員として、熊本市議の会や「立野ダムによらない自然と生活を守る会」の方々らとともに、立野ダム建設促進期成会を構成する市町村に対し、16日に開催される総会の傍聴を認めることや住民説明会の開催を国交省に求めることなどを要請した文書を届けました。

憲法記念日

f:id:yamanob:20170503115610j:plain
 5月3日は憲法記念日自民党政府、とりわけ改憲を宿願とする安倍首相先頭に改憲への意気込みが声高に叫ばれています。この事自体が異常であります。本来憲法は、権力者から国民の権利を守るために存在しているもの。だからこそ、憲法を守るべき義務が首相ら政治権力者に厳しく課せられています。ところが安倍政権は集団的自衛権解釈改憲改憲発動要件緩和の策動など、許されないはずの憲法への攻撃を繰り返しています。
 日本国憲法は、恒久平和の精神を、二度と戦争という過ちを繰り返してはならないという痛苦の反省と、日本が世界の平和構築に積極的役割を果たすという崇高的精神のもとにうたわれている9条を始め、人権条項も豊かに盛り込まれています。差し迫って改憲を必要とするような事柄など、何一つ発生してはおりません。
 現憲法は、国民の権利を、国民の不断の努力によって守っていこうということさえも呼びかけています。改憲を許さない世論と運動を、平和を願う多くの方々とともに広げていきたいと思います。

5月1日という日

f:id:yamanob:20170501101041j:plain
 今日はメーデー。労働者が、働くものの権利擁護と国際連帯をかかげ、つどう日。「万国の労働者団結せよ」などというと、今時流行らないと言われちゃいそうですが、やはり私としては肩でも組んでインターナショナルを歌いたくなる特別な日であります。
 そしてもうひとつ。5月1日と言えば水俣病が公式確認された日でもあります。61年の年月を経てもなお解決の見通しが立たない水俣病問題。加害者である国、熊本県チッソは被害の実態と真摯に向き合い、すべての水俣病被害者を救済するという立場にしっかりと立たせていかなければなりません。
 私はメーデー集会に参加したのち、松岡勝・比例予定候補とともに水俣に向かい、福岡から合流した仁比そうへい参院議員と一緒に不知火患者会の皆さんとの懇談会に出席。手渡された要請項目の実現のために力を尽くして参りたいと思います。

熊本地震の党国会調査

f:id:yamanob:20170429123645j:plain
 昨日から2日間、日本共産党国会調査団による、熊本地震1年の現状と課題をつかむ訪問、視察、懇談活動を行いました。
 国会から小池晃書記局長、田村衆院議員、真島衆院議員、仁比参院議員、松岡比例予定候補、益田、関根、上野衆院各選挙区予定候補など総勢約30名、被災地をまわり、住民の皆さんや首長さん、被災者支援活動関係者さんなど多方面からお話を伺うことができ、大変有意義な活動となりました。
 この場をお借りいたしまして、ご協力いただきました皆さんに厚く御礼申し上げます。
 改めまして、私たちの問題意識と、住民本意の震災からの復興を願っておられる皆さんがたの問題意識とが共感しあい、響きあっていることを強く感じた調査活動でした。事前の段取り含め大変でしたが、ほんとやってよかったです。
 今回の成果を今後の復興の取り組み、その他もろもろに必ずしっかり生かしていかなければなりません。また頑張っていきたいと思います。

大阪でんねん

f:id:yamanob:20170424110946j:plain
いま、大阪に来てまんねん。
今回は日帰りチャイマス。
「このくそ忙しいときに」って怒らんといてくださいませ。なにせ議員は勉強しないといけないのです。
しっかり気合いを入れて勉強してきますさかい、かんにんしとくんなはれ。