またしても大矢野原演習場で火災発生

f:id:yamanob:20200122160309j:plain
 米軍と自衛隊による日米共同訓練が行われている大矢野原演習場で、またしても火災が発生しました。
 火災は2018年8月の訓練時においても発生しており、その時は自衛隊からの要請をうけた地元の消防団、近隣の住民らも消火活動に参加し、危うく難を逃れたとのことでした。私たちはその際も自衛隊に抗議の申し入れを行ないましたが、「二度とこのようなことが起こらないよう細心の注意をはかる」との回答は、その場しのぎのいい加減なものだったのか、と怒りが沸き上がります。
 近隣住民に不安を感じさせることがないよう、細心の注意と対策をおこなうことよりも、訓練の実施をなにより優先させていることの表れではないでしょうか。
 22日、いのち平和ネットくまもとの皆さんとともに、西部方面総監および熊本県に対し、抗議と訓練中止を求める申し入れを行ないました。

日本共産党大会に参加しています。

f:id:yamanob:20200116230510j:plain

 日本共産党第28回党大会に参加中です。
 国民の苦難軽減を立党の精神とする日本共産党の一員であることに、改めて確信を深めるとともに、責任の重さを痛感しております。
 熊本に帰ってまた頑張っていきたいと思います。

常軌を逸した米軍の暴挙と日米共同訓練

f:id:yamanob:20200108141309j:plain
 イラン要人の殺害という、常軌を逸した米軍の軍事攻撃により、国際社会の平和の秩序がいま重大な緊張局面に突入しています。
 こんな時に大矢野原演習場、高遊原分屯地などを拠点とした日米共同軍事演習が始められようとしている事は、いま世界中で米軍の暴挙に対する批判の声が高まり、同時に軍事的緊張を増長させるような軍事的行為の自制を求める声が沸騰している中で、最悪の愚かな選択だと言わなければなりません。
 8日、私たちは福岡にある九州防衛局に、1月18日から始まる日米共同訓練の中止を求め、申し入れを行ないました。

今年もよろしくお願いします

f:id:yamanob:20200101102249j:plain
 新年おめでとうございます。今年もまたがんばってまいりたいと思います。
 元日は山部ひろし・前熊本市議とともに街頭宣伝。多くの激励をいただきありがとうございました。
 5日は私教連の新年祝賀会に参加させていただきました。

f:id:yamanob:20200106022615j:plain

瀬戸石ダムの土砂堆積状況を調査

f:id:yamanob:20191201142158j:plain

 1日、芦北町の瀬戸石ダムの堆積土砂の状況を視察しました。
 日本共産党芦北町議の坂本登さんや、「瀬戸石ダムを撤去する会」の土森さんにご案内いただきました。
 現在、ダム湖に堆積した土砂の撤去作業を進めるために、ダムのゲートがあけられ、土砂の堆積状況があらわになっています。
 堆積した土砂によってダム湖は年々水位が上がり、水害発生の原因ともなっています。球磨川治水対策協議会では、ダムによらない治水策についての検討が行なわれていますが、できるところから具体的に改善を進めていくという点では、瀬戸石ダムによる堆積土砂の増大や水害被害への対策についても、国・県が主体的・積極的に関与すべきことは当然です。