「立野ダム先にありき」になっていないか

 11日、建設常任委員会の管内視察がおこなわれました。関係者の皆様、大変お世話になりました。
 作業に当たっておられる皆様の安全と、そして国道や崩落現場の復旧など、必要な工事の早期の完成を願うものです。
 さて、視察では立野ダム建設現場の視察もおこなわれました。
 西日本一帯を襲った豪雨災害の中で、ダム放流が水位上昇の原因となったのではないかとの報道がおこなわれている時だけに、立野ダムの治水効果や安全性について、しっかり話をうかがいたいと思っていたのですが・・・・。
 はっきりいってまともなお話を聞くことはできませんでした。
 立野ダム工事事務所の鵜木所長さんのお話は、どちらかといえば「環境に配慮している」「観光名所としても」「断層から離れている」「穴づまりは起こらない」といった話が中心で、ダムによる治水効果についてのお話が無かったために、最後に所長さんに質問をさせていただきました。
 「立野ダムによって水位はどれくらい下がるんでしょうか」
 しかし残念な事に、出てきたご回答は平成24年水害時に検証した「40センチ」(熊本市代継橋地点)のまま。その後劇的に改善した河道拡幅による変化が反映されていません。
 「平成24年水害時、立野ダム予定地付近には毎秒何トンの水が流れてきたのか」「過去最大雨量がもし仮に継続した場合、どれくらいの時間でダムは満水になるのか」などの質問にもご回答いただけませんでした。そのため、お聞きしたかったそれ以降の質問ができなかった事も残念でした。
 何か最近、「ダム建設ありき」の強引さが目立っているのではないでしょうか。ダムの危険性が改めて叫ばれている時だけに、丁寧な説明が求められるところです。
 南阿蘇村の吉良村長が、「ダムといえばアレルギーのように反応する方々がいる」と、ダム反対の意見にアレルギー的に反応しておられたことも強烈な印象でした。 不安の声が上がるのは当たり前だと思いますが、その存在を、まるで悪であるかのように封殺されるようなご姿勢に、思わずどこかの国の首相の姿を連想しました。さまざまな意見に謙虚に耳を傾けていただく勇気と良心を期待したいものです。
 8月には立野ダムの本体着工が予定されています。しかし万が一の事態が起これば、それこそ取り返しがつきません。ダムの安全性、治水効果等々、現実に起こっている水害の事実をしっかり踏まえた検証を求めたいと思います。

過去最大級の豪雨災害と、ますだ牧子事務所開き

f:id:yamanob:20180706134434j:plain

 これは昨日の白川の、渡鹿堰近くの様子です。
 近年の豪雨は明らかに、以前と様子が違うと感じていますが、それにしても今回、日本列島を襲った豪雨災害には衝撃を受けています。
 被害にあわれた方々に心からのお見舞いを申し上げるとともに、救助・復旧の作業が無事に、迅速に進められていくことを願うばかりです。
 かつてゲリラ豪雨という表現がありましたが、ここまで各地で同時多発的に、かつてない規模での豪雨が広域で発生するという現実を目の当たりにすると、もはや災害対応体制も、予算措置も、国や自治体それぞれに抜本的に見直し、従来の発想を超えて本気で強化していかなければならない必要性に迫られていることを痛切に感じます。南海トラフの危険性も考えると、国家をあげて緊急に対策を検討しなければならない課題であろうかと思います。

 さて、昨日は県議会議員補欠選挙に向けての益田牧子さんの事務所開きがありました。
 自民党議席が75%を占め、安倍政権になにもモノが言えない県議会。そのおかげで、被災者向け医療費免除制度の打ち切りも、仮設住宅入居継続に条件を設けるというやり方も、東日本震災などかつての大災害時と比較してあまりにも冷たい支援打ち切りが、熊本地震の対応において行われてしまっています。国保介護保険料の負担増が全国トップの熊本。また子ども医療費助成制度が全国最低の熊本。いわば安倍政権の悪政のしわ寄せが集中して現れているこの熊本で、今回の補選においてさらに、自民党の二議席独占を許してしまってよいでしょうか。
 自民党議席独占を許すのか、それとも市民と野党共同の代表、ますだ牧子さんを押し上げるのか。歴史的な選挙戦は13日告示されます。

泣く子も黙る 熊本県の児童手当差し押さえ

こんなたとえ話ならわかりやすいでしょうか。

借金取りが家にやってきました。
 借金取り「おうおう、奥さんよ、旦那の借金、いい加減に返してもらわねえとなあ」
 奥さん「お返ししますからもう少し待っていただけませんか」
 借金取り「冗談じゃねえぞ。おやっ? なーんだよ、ここに金があるじゃねえかよ」
 奥さん「ああ、それはうちの息子の食事代なんです。それだけはご勘弁を」
 借金取り「悪いがもらっていくぜ。おう、小僧、俺を恨むんじゃねえぞ。恨むんなら、金を借りても返さねえ、お前の親を恨むんだな。じゃあな」

 現実の社会では、こんな悲惨なケースが生まれないように、子どもの養育のために支給される児童手当は差し押さえてはならないことが法律で決まっています。これを、保護者の税金滞納を理由に差し押さえたのが熊本県。手っ取り早く、とりっぱぐれがない口座を狙い撃ちにしたのです。こんなやり方は許すわけにはいきません。
 この問題を一般質問で取り上げました。詳細はホームページ「日本共産党 山本のぶひろ」をご覧ください。

立野ダムについての民意は?

f:id:yamanob:20180620133252j:plain

 20日、「白川の安全と立野ダムを考える流域住民連絡会」や「立野ダムによらない自然と生活を守る会」の方々とともに、立野ダム建設中止を求める署名提出に、「ダムによらない治水・利水を考える県議の会」代表の西県議や「市議の会」の山部ひろし熊本市議とともに私も同席させていただきました。提出された署名数は前回分を合わせると1万人を超えています。
 立野ダムは、「あんな危険なところにダムをつくる計画があるなんて知らなかった」という方々が多くおられる中、国交省によって着々と本体着工に向けて準備が進められています。
 なぜ、国も県も、私たちが繰り返し求める住民説明会を一度たりとも開こうとしないのか。
 まるで、住民に立野ダム建設が周知される前に、急いで既成事実を積み重ねようとしているのではないか、との印象を受けてしまうのは、多分私だけではないでしょう。実際、ダム建設への不安が広がったところでは、あちこちで「立野ダムを考える流域住民の会」の発足が続いているわけですから。
 建設推進に固執する方々は「ダム下流の住民が建設を要望している」と吹聴しています。本当の世論がどこにあるのか、しっかり示していかなければなりません。
 

人吉・胸川 水位下がる

f:id:yamanob:20180620181156j:plain

 先日からの雨で人吉市の胸川が、氾濫危険水位を超えた、とのニュースに緊張が高まりました。胸川といえば土砂が堆積し、草木が成茂し、豪雨の際に氾濫が心配だということでご相談がありましたので、5月24日、球磨振興局土木部の方々と一緒に現地を調査し、「雨期の前に危険個所の対応を」とお願いしていたところでした。
 県河川課から、「大きく成長していた木の除去が完了した」とのご連絡をいただいたのが6月19日。ちょうどその日、胸川の危険水位越えのニュースを耳にしたのでした。
 人吉市議の塩見寿子さんに状況を伺ったところ、河川から越水するには至らず、一時避難されていた住民の方々も帰宅され、「大雨の前に改修していただいて本当によかった」と口々に感謝されていたそうです。
 関係職員の皆さんの迅速な対応に心から感謝です。

6月県議会で質問をおこないました。

f:id:yamanob:20180615100212j:plain

 15日、6月県議会で一般質問をおこないました。
質問項目は、
  ①北東アジア情勢の変化と日本外交のあり方、熊本の自衛隊の機動師団化問題
  ②熊本地震関連・・・・・被災者向け医療費免除制度復活を。仮設住宅供与期間延長の要件は撤廃せよ。
  ③立野ダム問題・・・・・放流孔の穴づまり、土砂崩落の懸念、住民説明会開催
  ④水俣病問題・・・・・チッソ後藤社長発言問題と真の解決に向けての県の責任
  ⑤差し押さえが禁止されている児童手当を県が差し押さえた問題について
  ⑥TPP、日EU・EPAにたいする対応と農政のあり方。中山間地農業

 ホームページに質問原稿を紹介していますのでご参照ください。

熊本地震からの復興提言

f:id:yamanob:20180606110122j:plain

 またしてもSNSご無沙汰してしまいました。
 まずは、熊本地震発災2年ということでおこなった国会調査や対政府申し入れなどをもとに、日本共産党として被災者本位の復興提言をまとめ、県に提出したことについて、遅ればせながらご報告します。
 提言についてはホームページ「日本共産党 山本のぶひろ」で全文を紹介しますのでご参照ください。