ダム反対住民団体の学習会

f:id:yamanob:20190113140726j:plain

 13日、熊本市の消防出初式に出席したのち、人吉市で開催されたダム反対住民団体による学習会に参加。連帯のあいさつをさせていただきました。元建設省土木研究所次長の石崎勝義さんが、「治水の王道は堤防にあり~ダム災害を起こさないために~」と題して講演されました。
 石崎氏は、越水しても破堤しない堤防は、計画を上回る洪水が来ても大水害を起こさないことから、堤防を強化する治水対策を復活させる事こそ、異常気象の時代を迎えている今日、必要であることを強調されました。
 国・国交省は、想定外の降雨に対応できない、ダムによる治水に執着せず、取り返しのつかない惨事が引き起こされる前に、ダムによらない治水策へと舵を切り替えるべきです。