読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

憲法記念日

f:id:yamanob:20170503115610j:plain
 5月3日は憲法記念日自民党政府、とりわけ改憲を宿願とする安倍首相先頭に改憲への意気込みが声高に叫ばれています。この事自体が異常であります。本来憲法は、権力者から国民の権利を守るために存在しているもの。だからこそ、憲法を守るべき義務が首相ら政治権力者に厳しく課せられています。ところが安倍政権は集団的自衛権解釈改憲改憲発動要件緩和の策動など、許されないはずの憲法への攻撃を繰り返しています。
 日本国憲法は、恒久平和の精神を、二度と戦争という過ちを繰り返してはならないという痛苦の反省と、日本が世界の平和構築に積極的役割を果たすという崇高的精神のもとにうたわれている9条を始め、人権条項も豊かに盛り込まれています。差し迫って改憲を必要とするような事柄など、何一つ発生してはおりません。
 現憲法は、国民の権利を、国民の不断の努力によって守っていこうということさえも呼びかけています。改憲を許さない世論と運動を、平和を願う多くの方々とともに広げていきたいと思います。