読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

震災レポート①

 大地震発生から6日が経過。バタバタしておりましたがざっとご報告していきたいと思います。
f:id:yamanob:20160415181400j:plain
 14日、いままで経験したことのない揺れに見舞われました。
 余震が続く中、カミサンと息子を置いて出るのは申し訳なかったのですが見回りに出動。
 とるものもとりあえず屋外に飛び出している方々に避難所の案内の声をかけてまわり、毛布の調達に奔走したのち、震度7が報じられた益城町に入りました。
 大規模な停電の中、道路や家屋の破壊のすさまじさに息をのむとともに、なすすべもなく4時ころに帰宅。カミサンと息子が寄り添って寝入っていたことにちょっと安心。
 日が変わって明るくなり、避難所の様子をうかがって再び益城町に入り、町役場を伺いました。あわただしく駆け回っておられる皆さんの邪魔にならないよう、西村町長さんにちょっとだけご挨拶をして早々に退出。
 党益城支部の皆さんの安否確認をすると、高齢のKさんの状況がわからないということだったのでご自宅を訪問。傾いた家の外のなんと路上でKさんは「気分が悪い」と横になっておられました。そのまま市民病院に運び、その後党事務所で対策会議。党としての災害対策本部を立ち上げました。
 午後、緊急に熊本入りしていただいた田村貴昭、真島省三衆院議員とともに、私自身は三度目の益城入り。いたるところで大渋滞が発生していました。避難所や被災家屋などを回り、住民の方から涙ながらのお話を伺い、切実・緊急な要望について役場の災害対策本部にお伝えしました。
 夜には再び地元の小学校、中学校、公民館などの避難所を訪問。16日に日が変わるころ帰宅。その矢先、前回を大きく上回る「本震」が熊本を襲ったのでした。また引き続きレポートしていきます。