読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

次女、高校受験。

親父のエレジー

 次女、15歳。受験生。私にはあんまりしゃべってくれない。姉(18歳、やはり受験生)との会話ではまるでマシンガンのように喋りまくっているくせに。

 昨日もそうだ。公立高校の入学試験初日だった。私は帰宅するなり次女に尋ねた。

 「試験どうだった?」

 返事は一言「ビミョー。」

 お、おわり? 

 「それって、あまり良くなかったってことなの? 難しかったってことなの?」

 返事なし。

 ちょっとお嬢さん、あのね、おじさんはね、じゃなかったお父さんはね。君のことを心配しているのよ。もうちょっとくらい状況説明してくれたっていいでしょう。

 今日は試験2日目だった。

 「試験どうだった?」

 「ふつう」

 そ、それだけ?

 「そ、そ、それは、昨日よりちょっと良かったってことなの?」

 返事なし。

 

 そんな次女だが、本人なりに将来の進路についていろいろ考えている風でもある。

 もう少し時期がたてば、父も相談相手くらいには格上げしてくれるだろうか。